黒いポケットティッシュは話題ですが、オリジナルティッシュにするには、さらに工夫が必要

黒いポケットティッシュは話題ですが、オリジナルティッシュにするには、さらに工夫が必要

ポケットティッシュは一般的に白い色のイメージが強いです。シンプルでデザインされていないものが定番です。ですが、最近ザワザワと話題になっているのが「黒いティッシュ」です。ポケットティッシュでも黒い物はとってもインパクトがあります。珍しいからですね。
 
これまでも、良い匂いがするポケットティッシュや柄が入っている可愛い系のポケットティッシュは存在していました。しかし、ティッシュそのものがブラックであるのは、とっても斬新でインパクトが強いです。視覚効果としては抜群の印象を与えることができるでしょう。
 
ポケットティッシュだけでなく、花粉症対策のマスクも黒のものがでてきます。汚れ目が目立たないのもいいのです。また日本人の肌の色とのコントラストも綺麗ですね。今話題になっている黒のポケットティッシュを販売促進として考えている企業も多いでしょう。これらの特徴・魅力・配布する効果に関して考えてみたいと思います。
 
 
■何と言っても目立つポケットティッシュになります!
 
ボックスタイプのティッシュペーパーやお手洗いにあるトイレットペーバーで黒い素材のものを見たことがあるでしょう。しかし、ポケットティッシュともなると、まだまだ少ないのが現状です。街中で配布されているポケットティッシュを見てください。一般的に白いものがメインです。ときどき黒のポケットティッシュが配布されていますが、観察していると受け取ってもらえる確率が高いです。
 
何と言っても「目立つ」ことが普通の白いポケットティッシュとの違いです。日本では宣伝広告目的でポケットティッシュが配布されている風潮があります。そんなシーンを考えてみたら、まずは人の目に止まることが大事。手に取って受け取ってもらわなければメッセージも伝わりません。
 
そんな状況ですから、黒色をしたポケットティッシュは特徴的で目を惹きます。ひとまず目立つので興味を惹くチャンスも高いです。頻繁に目にするポケットティッシュは街頭で配布されています。しかし、あまり目にすることがない黒色を同じ場所で配布されていたら、どうでしょうか?普通の色ではないものが関心を持ってくれます。受け取られる可能性は高いのです。
 
黒いカラーのポケットティッシュが制作されている理由は、オリジナルなものを訴求したいからです。宣伝広告の効果を高めるために、黒い色で制作されているのです。日常的に馴染みがないビジュアルを持っているアイテムは人に受け取ってもらいやすいです。結果的に、意図している宣伝広告メッセージを目にしてもらえる確率がアップする仕組みなのです。
 
 
■効果をさらに高くするためには、オリジナルティッシュを考えなければならない!
 
黒い色をしたポケットティッシュが、人々の関心を持ってもらう可能性があるのです。しかし、それだけで安心しては駄目です。もっとオリジナルな面を考えないと差別化できません。販売促進アイテムとしてのノベルティの効果を高めるには、さらなる工夫でオリジナリティ面を工夫する余地があるのです。では、どのような工夫をすべきなのかを提案してみましょう。
 
1番目は「ラベルにこだわってみること」です。シンプルに中身のティッシュの色が黒いだけで勝負できる時期は過ぎています。歩いている人が足を止めて気軽に受け取ってもらえるとは限らないのです。外見をさらに特徴的にしてオリジナリティを改善することが一つの手段になります。
 
2番目は「目立つようなインパクトのあるカラーリングを考えること」です。黒い色のティッシュに目立つ特徴をプラスするならば、蛍光色などの光系の目立つ色を合わせることもありでしょう。受け取ってくれる人の目を惹くようなデザインがいいです。販売即品アイテムで宣伝広告効果を得るにはとっても大事なことです。
 
ラベル部分にキャラクター的なイラストを入れるのもいいでしょう。黒が強調されるような配色にするなど、工夫することによって、さらに魅力的にすることができます。まだまだ黒いポケットティッシュは、それほど一般的ではないですがから、色だけでもいいでしょうが、さらに他社と差別化する必要もあるでしょう。

ティッシュ広告

オリジナルティッシュ作成

ポケットティッシュを作る

ノベルティティッシュ