黒いポケットティッシュは話題ですが、オリジナルティッシュにするには、さらに工夫が必要

制作をオーダーする場合には費用対効果を意識しましょう!

2018年03月12日 22時54分

一般的な白いポケットティッシュと比べたら黒いポケットティッシュはコストがかかります。そのコストに見合うだけの結果がでるのでしょうか?シミュレーションをして思うような結果にならないならば、改善をするべきです。黒いポケットティッシュは通常のものと比べて生産コストがかかるわけです。コストが高い分、リターンが大きくなければ難しいです。
 
大切なことは、その黒いポケットティッシュにどれだけ力をいれるのかどうかです。黒い特徴だけで勝負しては駄目です。デザインをオリジナリティ豊かなものにしたり、レベルを工夫したり。データをとっておいて、試行錯誤してゆきましょう。コストが高いですから工夫はしっかりとしましょう。
 
実際に、ある程度の数量を作って配布してみます。数名から反響があれば、次は利益を得ることができるのかどうかをシミュレーションしましょう。販売促進のアイテムを作る場合は必要不可欠なプロセスです。単純に「これならば注目してくれるだろう」という想像だけではだめです。実際には具体的な費用対効果を精査して、計画してください。
 
いかがでしたでしょうか?一般的な白いポケットティッシュよりも黒はオリジナル的なムードがつくれます。黒いだけで関心も持って頂ける人々は少なくないでしょう。テレビや雑誌でも話題になっています。ボックス型のティッシュやトイレットペーパーなどでも登場してきています。
 
もちろん中の宣伝広告を読んでいただければいいのでしょうが、まずは興味を持ってくれること。受け取ってくれるだけでも十分ではないでしょうか?そこから、ユーザーがリアクションをとってくれるならば最高です。
とにかく目立ってくれる黒いポケットティッシュ。それ以上の効果を求めるには工夫することです。
 
コストがそれなりにかかりますから、費用対効果をしっかりとチェックしましょう。最終的に宣伝広告ツールとして、効果が得られると判断できたら、黒いポケットティッシュをデザインしてみるといいです。